スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
統合
ブログを2つ(ココと建築速報)もっておりますが、更新が面倒になってきまして、以下のURLにまとめまることにしました。。^^;

http://twilog.org/buffaloes400

ツイッターをブログ化したもので、更新が楽なんです。
すいませんが、以後、こちらで。。。。^^;
スポンサーサイト
【 2012/01/07 15:47 】

日記 | コメント(2) |
セミスリックタイヤ
52Tクランクセット装着によるハイギアー化、BB、ペダル交換による回転軸の抵抗軽減。
これにより、足への負荷をあまり掛けずに、スピードアップを図ることができました。

10%程度は速度アップしていると思います。
6段で軽快に走行した場合、20km/h程度だったものが、22~23km/hになっております。
また、ハイギアー化により、いままでの6段が7段相当になっており、いつも通る上り坂では、通常より1段低くしないと上れないものと思いましたが、意外にもギアはいままで通りで上ってしまえております。多少辛さが増えているような気がしますが。。^^; ま、、これはきっと回転軸がスムーズに回っているおかげなのですよ。。^^;

で、本日は、軽快ハイスピード走行に磨きを掛けるため、セミスリックタイヤを装着することにします。
モノは以前紹介した激安タイヤですが。。^^;

まずはフロントタイヤ。。
チャリのタイヤ交換は初めてなので、ちょっと不安。。
と思いましたが、やはり簡単ですね。とは言うものの、バイクとは違いますね。。
ホイールナットを外すとシャフトが外れるものかと思っていましたが、両側のナットを外して下側に脱落させて外すのですね。。ちょっとビックリ。。^^;
あ、それと、ブレーキのゴムが邪魔でホイールが外れないので、ブレーキワイヤも緩めました。
で、外れました。やはり20インチのチャリのタイヤ、ホイールは軽い。。バイクとは大違いだ。。^^;


次、タイヤの空気を抜き、タイヤをタイヤレバーや手で外していきます。パワーがある人ならタイヤレバー必要ないですね。。^^;
ちなみに、空気の抜き方がわからず、バルブのネジを躊躇なくはずしたら、パーン音とともに、一気に空気が抜けました。。
(゚Д゚)ってなりました。^^;

タイヤの交換自体は簡単ですね。。ほとんどタイヤレバーの出番もありません。
ただ、チューブの損傷にはだいぶ注意が必要です。
わたくし、力加減が分からず、タイヤレバーをチューブに突き刺してしまいました。。
まぁ買ったタイヤにチューブが付いていたので事なきを得ましたが。。^^;

 

空気圧は280kPaとなっていましたが、規定値では柔らかすぎて僕の体重を支えきれない心配が残ります。。^^;
なので380kPaにしちゃいました。パンクしないでね!^^;

さて次、リアです。
こっちはスプロケやドラムブレーキ?が付いており、なんか面倒臭そうです。。
フロントだけで終わりにしちゃえ!と転がり抵抗を減らすんだ!の葛藤の結果、やはりリアも交換します。。。

まず軸のナットを両側外す。チェーンとギアの位置関係を良く観察しておく。ブレーキ固定ネジを外す。
斜め下方向にタイヤが外れました。が、この時点ではドラムブレーキがくっついていているので、ナットを外しブレーキ本体を外します。

↑この文章だけでイメージできる人は逆にアホです。

で、後は、チューブの損傷に注意しながら、タイヤを交換し、元通りに組み上げて完成です。

なんだかんだで、1時間30分くらいかかってしまいました。。^^;
見た目は上々です。^^

あとは通勤で確認。



最後に気が付きましたが、前後タイヤのパターンを逆にしてしまいました。。タイヤに方向性を示す矢印は刻印されてませんが、転がり抵抗重視といいながら、やっちまった。。。

今更直す気もないので、見なかったことにします。。^^;
【 2011/11/26 14:43 】

日記 | コメント(0) |
ハーフクリップ
通勤で2日間、確認しました。

結論。

効果はある!だけど外す!^^;

確かに上り坂では引き足というより、トルクをかけやすいため、1.3倍くらいのトルク感で上っていけます。
ただ、このメリットをはるかに上回るのが、装着のしづらさと底つき。。^^;

まぁ暗い時は、はめるの一苦労です。。
慣れの問題だとは思いますが、何もそんなに頑張らなくても。。と思ってしまいました。。
また、うまくはまらなかった場合、クリップが下を向いた状態になるわけですが、クランク長が延びたことも災いして、クリップがゴリッとつっかえぼうになってしまうのですよ。。
こりゃ結構危険なんで、まぁ止めとくのが無難だな。。って結論に達したわけです。

トルク感とホールド感は、なかなかのものなので、つま先しかカバーしないハーフクリップでも、その効果は堪能できるということだけは、書いておきます。。^^;
【 2011/11/26 14:06 】

日記 | コメント(0) |
キーワードは「転がり抵抗」
本題に入る前に。。
なんか、まともなチャリが買える金額を投資しているようが気がするので、ここまでのカスタムを振り返ってみます。。^^;

これまでのカスタム
・スピードを知りたい→サイクルコンピューター 費用1500円
・ライトが暗い→ジェントス閃 費用3000円
・リアボックスを装着したい→リアキャリア 費用2500円
・ケツが痛い→やわらかサドル 費用2000円
・手のひらが痛い→OGKエアグリップ 費用1000円
・ギア比が低い→ヤフオクの52Tクランクセット(大失敗)費用2000円
・ギア比が低い→ドッペルギャンガー用52Tクランクセット 費用4000円
・BB破壊→シマノUN26(68-117.5)、専用工具等 費用5000円

うは^^
21000円。。
チャリ本体が13000円なんで、計34000円。。。

で、これに今から紹介するパーツがプラスされると、、、
42000円。。^^;
チャリ本体が3台買える金額です。。。つーか、そこそこ軽量で、ちゃんとしたメーカーの700Cクロスバイクが買えます。^^;

はぁ。。今年はここまでにしておきましょう。。。^^;

で、本日紹介するパーツは。。^^;
キーワードは転がり抵抗です!いかに上り坂を平坦に感じさせるかがポイントです。

ということでまずはコレ。

セミスリックタイヤです。
タイヤ2本、チューブ付で2200円の激安品ですが、タイヤの溝が少なければ、安かろうが、品質が悪かろうが、きっと転がり抵抗は少なくなりますよね。。^^;
ということで、後日、こちらの交換をしましょう。。

で、次はコチラ。
転がり抵抗といてばタイヤですが、もう少し視野を広げると、ホイールやペダルの回転軸が気になってきます。。
BBもそうですが、もう不慮の事故により交換済なので省略。。^^;

ホイールは、タイヤを交換するときに、回転軸を確認するとして、今回は、ペダル!
デフォのやつはあまりクルクル回りません。。
僅かながら抵抗を感じるわけです。。(注:ペダルを交換したいがための言い訳です。気にしないでください。)
さらに、どうせペダルを交換するのであれば、手軽に引き足が使えると噂のハーフクリップも装着するべきではありませんか!
ハーフクリップは、上り坂を平坦に感じさせるためには必要なんですよ。きっと。。^^;

ということで、かったのがコチラ

三ヶ島(MKS)アルミバフ掛ロード用片側ペダルです。メイドインジャパンですよ!^^;
ハーフクリップもMKSのディープタイプです。

交換後の写真はコチラ。。

クランクが黒いのに、ペダルはピカピカ。。^^;

ハーフクリップは、慣れるまで走行中にはめるのが大変そうです。。ハーフでもこんな感じなんだから、ハーフじゃないちゃんとしたトゥークリップは立ちゴケ必至だな。。^^;
しかも、クランクが170mmあるので、クリップが下向いている状態では地面に擦ってしまいます。。
すでに、クリップ傷だらけです、、、^^;

ほんのちょっとしか試乗してませんが、引き足の効果はありそうです!ホールド感もイイ感じです!
後ほどインプレッションを。。
【 2011/11/24 06:18 】

日記 | コメント(0) |
ボトムブラケットBB交換
前の記事の後編扱いでお願いします。^^;

さて、BB及び工具類が揃いましたので、コハアヤのお昼寝中を狙って作業開始です。。^^;

まずは現在装着されているBBを外します。
左はフックレンチで外します。。が、ちょうど良いサイズのフックレンチを持っていないので、マイナスドライバーとハンマーを代用します。ちなみに左側は正ネジです。
軽く外れました。^^


次、右。。
こっちは36mm頭の6角ネジです。そんなでかいソケットは持ってません。。
ということで、さきほど購入したモンキーレンチで頑張ります。逆ネジです。
ん。。6角頭が薄いので力が入らない。。
落ち着け。。オレ。。^^;
まずはチャリを寝かせ。。
モンキーレンチをセットし。。
ハンマーで柄の部分を軽く叩く。。
外れない。。^^;
強めに叩く。。
回った。。^^;

ということで、ちょっとだけ焦りましたが、無事両方の締め込みを外すことができました。

外したBBはこちら。(左写真は下が古いほう、上がシマノUN26 68-117.5)


シェル内を軽く清掃します。


さぁいよいよnewBBの装着です。
まず左側に樹脂製のアダプタを軽めに手でねじ込みます。8割型挿入状態。取説にグリスつけんなって書いてあったのを見たのは、グリスたっぷりつけて装着した後でした。。^^;

---ここまで問題なし---

次、右側からBB本体をネジこみます。確認ですが、逆ネジです。
手で軽くネジ・・こみ・・ん?ほとんどねじ込めない。。
なんで??

とにかくモンキで回してみます。ちなみにさっき書き忘れましたが、ココ専用工具使ってます。。
専用工具っていうか、ロックナット用アダプタ的なやつです。。
で、32mmの6角頭を回せばいいのですが、なかなかモンキでもきつい。。
ネジ山つぶしてないか心配だったので、いったん外して確認。。問題なし。。
再度チャレンジ。。
半分くらいまでねじ込めました。。が、とんでもなく固くなってしまい、僕の力ではもう無理ぃ~な感じです。。

ヤバイ。。なんか失敗したかな?
初挑戦だけあって、非常に不安且つ焦りまくりです。。

落ち着け。。オレ。。^^;

再度、いったん外してみましょう。。
外すときは比較的軽い。。で、ネジ山。。問題ないぞ。。なんだ。。いったい。。なにが悪いんだ。。
ま、とにかく、グリスをたっぷりシェル側、BB側に塗って再挑戦。。

神降臨。。^^
今度はまったくひっかりもせず、重くもならず、最後までねじ込めました。。
何だったんだ。。さっきのは。。
なんか、ネットで同じような書き込みを見たような気がしますが、原因不明のまま、次の行程へ進んじゃにます。。^^;


なんとか山は越えた感じです。。
左側の増し締めです。。樹脂製なんで締め付けは慎重にやります。。
結構締め付けましたが、なんか隙間が開いてます。。^^;
もう少し力を入れるべきか。。やめておくべきか。。
やめておきましょう。。こっちはBBがガタつかないようにするためだけの単なるアダプタなんだよ。。きっと。。と楽観的に考えることにしました。
ただ、どーぞ雨水お入りください。。みたいな感じになっているので、念のため隙間にグリスを塗っておしまいにしました。。^^;


作業時間は40~50分くらいだったでしょうか。。
初めての作業は、精神的疲労が大きいです。。^^;

何はともあれ。。無事、BBを交換することができました。。
動きもスムーズになりました!
【 2011/11/23 19:18 】

日記 | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。