スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ステムベアリング交換(元に戻し編)
24日15時。。ステムベアリングの交換もようやく終わり、後は元に戻すだけです。。
なんか、だいぶ雲行きが怪しくなってきたので、急ぎましょう。。^^;

まぁ最難関を乗り切ったわけですから、この辺は楽勝だろうと思っていましたが。。

注意1:ケーブルの引き回し方は覚えておきましょう^^;
注意2:フロント回りをバラすときは、面倒臭がらずにライトやハンドルも外しましょう^^;

はい。。^^;
注意1については、全部組み上がった後に、窮屈な配線があるのを発見しまして、、^^;
まぁ運良くタンク下で、そのケーブルのコネクタを外せたので再分解の危機は回避できました。。^^;

注意2については、以下のようなメカニズムです。。
・ライトやメーターを外すのが面倒臭いから適当に不安定な場所にずらすだけにしてしまう
 ↓
・その状態で作業に没頭していると、それらの部品を落下させることになる
 ↓
・作業の難易度が高いと、それを何度も繰り返してしまう
 ↓
・いつの間にか、アクセルワイヤーが外れかかって、組み上がってからエンジンをかけたときに、異様にアイドリングが高くなっていたり、ライトの配線がコネクタから外れてしまい、どこに付いていた線だかわからなくなる。

^^;;;;;

そんなこんなで正味1時間で元に戻りました。なかなか作業できなかったので、完成は26日夜でございます。

で、次の日の朝、通勤で試乗です。^^;
さっそくGNちゃんをガレージからだし。。
ん?なにかがおかしい。。。
コツコツする。。

コツコツ。。。

適当に締め付けたステムナット、ゆるゆるです。。^^;

やべ。。直してる時間がない。。
今日は車で会社いくか。。。いやっ!ステムの締め付けなんてものの数秒だ。。ステムベアリングの状態も試したい。。ということで、急いで工具箱を。。^^;

トップブリッジのボルトを外し、その状態のまま、ステムナットを手で回してみます。。

まわるまわる。。^^;

手で2回転くらい回りましたでしょうか。。やはりステムナットはフロント荷重の状態で締め付けるべきなのですね。。
で、時間がないので、そのまま戻し、再確認。。まだコツコツしてる。。
強引に出発です。。^^;

出発してすぐに気づく。。まだまだ締まると。。。^^;

はやく帰って締め付けたい衝動に負けず、なんとか仕事を終え帰宅。。
で、再度トップブリッジのボルトを緩め、ステムナットを手で回すと。。

朝より更に回りました。。^^;

はい。。まだ完全に締め付け調整が終ったわけではないのですが、ようやくまともに乗れるようになりました。。^^;

で、分かったこと・・

ベアリングに塗布したグリスの量が多いとなかなかなじまない。。^^;

DSCN0243.jpg
この写真ではロア側ベアリングが約5mmほど露出しております。。一応締め付け後です。。^^;
で、何度か再締め付けを行った結果、このベアリング露出部はほぼフレームに隠れました。。^^;

どんだけ緩かったんだよ。。。^^;

低速のふらつきが治ったかどうかは、もう少し乗ってから書きます。。。
スポンサーサイト
【 2011/04/29 05:10 】

GN125H | コメント(0) |
ステムベアリング交換(ベアリング取り付け編)
4/24 14時00分作業開始です。
まず三つ又へのレース装着。
事前に内径31mmφの塩ビ管(50cm)を購入(山新:200円くらいだったかな?)しておりました。
シャフト径が27mmなので、ちょっと緩いですが、塩ビ管の規格ではこのサイズになります。
シャフトに新しいロアインナーレース、古いロアアウターレース、塩ビ管の順で差し込みます。
で、ゴムハンマーで塩ビ管を叩きます。ゆっくりとレースが所定の位置へ向かって装着されていきます。
が、あと5mmくらいのところで動かなくなりました。
塩ビ管がちょっと緩いので力がうまく伝わりません。なので、塩ビ管はここまで。
今度は古いアウターレースを金槌で叩きます。これは良さそうです。うまく入っていきます。トータル10分くらいでしょうか。。装着完了です。思っていたより簡単でした。もっともっと大変なのかと思っていました。。^^;

で、この調子でフレーム側のレースをはめ込みます。
こちらも事前に購入しておいた全ネジ棒と角ワッシャを組み合わせた即席治具です。ネットでもたくさんヒットします。(写真は撮ってません。。購入金額は400円くらいです。)
まずは下側から、、新しいレースを全ネジ棒に通して角ワッシャ、ナット装着。写真なしでの説明が難しいのですが、とにかくナットを締め付けてレースを押し込むのです。^^;
が、うまくいきません。すぐに斜めになります。で、修正もうまくできません。私には向いていません。どのくらい締め込むのかも良く分かりません。。なのでこの方法はやめました。^^;
直接金槌で押し込むことにします。
直接とはいえ、レースを傷つけるわけにはいかないので、古いロアインナーをかまして叩きます。力は必要ありません。要はバランスよく均一に押し込んでいければいいのです。
フレームのツラからちょっと奥まで入りました。その後は新しいレースを直接叩いたほうがうまく入ります。なので、慎重にレースのふちをタガネ+金槌で叩いていきます。完全に装着されると叩いている音が変わりますので分かります。甲高い音に変わります。
DSCN0238.jpg
実は、、最初古いロアインナーではなく、ロアアウターをかましていたのですが、一緒にフレームに勘合されてしまい、ちょっと焦りました。。。その後、事鳴きを得ましたが。。。^^;

続いて上のレース装着。。こちらは3分で完了です。超簡単です。^^;

次に、使い回しのボールを、グリスをたっぷり塗ったレースに装着します。
DSCN0241.jpg DSCN0239.jpg

ちなみにグリスはコレを使いました。
DSCN0248.jpg

グリスでベトベトの手を良く拭いてから^^;三つ又の装着です。この辺も特に問題なしです。
アッパーアウターレース、ダストカバー、ステムナット締め。
で、できあがりがこちら。
DSCN0242.jpg DSCN0243.jpg

ステムナットは一旦フックレンチで強めに締めて、緩めてから手で締め付ける的なことが書いてあったので、そのようにしてみました。グリスたっぷりなんで、一旦強めに締め付けることでレースとボールとグリスを馴染ませるんでしょうね。強めとはいってもフックレンチで「クッ!」程度の締め付け具合です。。分かりにくい。。^^;
それを緩めて、手でちょっと強めに締め付けておきました。あとからでも調整できるので、それほど気にしません。。^^;

この作業は1時間でした。。^^;
それほど時間はかかってませんが、精神的に疲れました。。急激に天気が悪くなってきたし。。はやく元通りに戻さなくては。。。^^;
次は元に戻し編。。雷が迫ってます。。^^;
【 2011/04/24 20:55 】

GN125H | コメント(0) |
ステムベアリング交換(ベアリング外し編)
ベアリングが見える状態になりました。
ではさっそく。。

三つ又のインナーレースにチャレンジしてみましょう。。
4/23夜、玄関先での作業です。
あまり音が出ないようにゴムハンマーを使います。玄関タイルを割らないようにクッションシートを敷いておきます。
以前購入しておいた平タガネ(150mm)で、三つ又とベアリングの接地面を垂直に叩きます。
はい。予想通りびくともしません。細いマイナスドライバーなども試してみましたが、まぁ外れる気配がありません。
約1時間格闘しましたが、無理です。クッションシートを敷いていたので、力が逃げるのでしょう。
明日、再チャレンジです。

はい。4/24になりました。
気になって朝5時に目覚めます。が、さすがに、近所迷惑なので6時30分まで我慢しました。
まだ早いですが、作業開始です。まだ近所迷惑時間ですかね。。^^;
なるべく音をださないように、ガレージ内での作業です。クッションシートは敷きません。地面はコンクリートです。
昨夜と同じくゴムハンマーと平タガネで頑張ります。
う~ん。。びくともしない。。おもいっきり叩いても三つ又側が削れるだけだ。。
ただ、何か違和感がある。。ダイレクトに力が伝わっていないような。。。。。
ゴムハンマーではダメなのか?
ならば金槌を。。と思いましたが、現在7時すぎ。。キンキン言わすにはまだ時間が早いな。。。^^;
ということで、一旦休憩です。ここまで約1時間。。

朝飯後、8時を過ぎました。。。
では金槌で。。^^;
金槌+平タガネ+床面コンクリート
記念すべき第1打。。
はいきた^^
一撃で隙間ができました。6割程度の力ですが、隙間ができました。
DSCN0232.jpg
こうなってしまえば、苦手な力技から得意の頭脳勝負になりますので^^;;;;;簡単です。
一周まんべんなくタガネでちょこちょこ叩き、ズラしていきます。力は必要ありません。
で、やりました。^^
DSCN0233.jpg

一時はグラインダーで削るか、それともバイク屋さんに持ち込むか、悩みましたが、うまく外せました。
なにしろ、どうすれば外れるのか、まるで見当がつかない初心者状態での作業だったので、不安すぎて昇天しそうでした。。^^;
結果的にはそれほど難しいものではないということです。(GN125の話ですよ!その他の車種は知りませんし、もっと難易度が高いんだと思います!)
なんとか三つ又に傷をつけながらもベアリングを外すことに成功しました。

次、フレームに付いているほうの取外しです。
こちらは、事前にネットで情報を仕入れてあり、バールで叩き出せそうだったので、丁度良さそうなヤツを買っておきました。(ジョイフル山新300mm:750円)

あ。。写真撮ってませんでした。。^^;
作業の方法は、いたってシンプルです。三つ又のシャフトが通っていた部分にバールを挿入し、それぞれの上下のレースの出っ張った部分にバールをあて、ハンマーで叩き出すといった感じです。
こちらはゴムハンマーでも余裕でした。上下ともに簡単に叩き出せました。^^
(GN125は叩き出すためのでっぱりがちゃんとありますので、反対側から普通に叩き出せます。違う車種では、工夫しないと叩けない場合もあるようです。。)

すべて外せました。。主に三つ又のベアリングですが、大変だった。。^^;
で、ベアリングの状態ですが。。。
特に問題なさそうな感じです。。薄らと打痕があるのかな?程度でした。。。^^;
ここが原因じゃないのかもしれませんね。。。^^;
ただ、これだけ頑張って作業をしているので、治ってなくても治ったことにできる精神状態にあるかもしれません。。^^;
ただいま、4/24朝9時30分です。この作業、計3時間30分費やしています。心が折れかかっている時間帯がほとんどです。。^^;

次はベアリング取り付け編です。山場は越えたなと思っていましたが・・・。^^;
【 2011/04/24 20:16 】

GN125H | コメント(0) |
ステムベアリング交換(バラし編)
あの時の事故以来、低速でハンドルがフラつくのです。

何度かフォークのねじれ調整、ステムナット締め付け調整を試みてはおりましたが、全然良くなる気配がなく、渋滞時の路肩走行は難易度は非常に高い状態が続いておりました。。^^;

ということでステムベアリングが悪いと断定いたしまして、純正部品を購入してみました。
それと、一緒に使いそうな部品も買ってみました。
DSCN0230.jpg

商品(1)
SUZUKI 純正部品
品番[51611-20002] レ-スステアリンク″インナアツハ゜
販売価格(税込) \399 × 1 = \399
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(2)
SUZUKI 純正部品
品番[51621-28000] レ-スステアリンク″アウタアツハ゜
販売価格(税込) \399 × 1 = \399
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(3)
SUZUKI 純正部品
品番[51611-33002] レ-スステアリンク″インナロア
販売価格(税込) \508 × 1 = \508
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(4)
SUZUKI 純正部品
品番[51621-33001] レ-スステアリンク″アウタ
販売価格(税込) \508 × 1 = \508
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(5)
SUZUKI 純正部品
品番[09247-14012] 09247-14026-000 フ゜ラク″
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(6)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-60005] Oリンク″D:2.4ID:60.5
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(7)
SUZUKI 純正部品
品番[16523-05200] キヤツフ゜オイルストレ-ナ
販売価格(税込) \738 × 1 = \738
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(8)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-13004] Oリンク″D:1.9ID:13
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(9)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-54001] Oリンク″D:2.4ID:52.6
販売価格(税込) \139 × 1 = \139
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(10)
SUZUKI 純正部品
品番[06111-06003] ボ-ル
販売価格(税込) \49 × 8 = \392
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(11)
SUZUKI 純正部品
品番[16510-05240] フイルタエンジンオイル
販売価格(税込) \578 × 2 = \1,156
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(12)
SUZUKI 純正部品
品番[06111-08003] ボ-ル
販売価格(税込) \49 × 6 = \294
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(13)
SUZUKI 純正部品
品番[09168-14004] ガスケツト14X19.2X2
販売価格(税込) \79 × 2 = \158
入荷予定日:2011年4月20日

ネットでは「ステムベアリング交換」がたくさんヒットします。そして、そのほとんどが「もうやりたくない!」とか「難易度が高い!」といった辛い感想が目白押しな訳です。^^;
でも、バイク屋さんに頼むと工賃が高そうなんで、自分でやってみましょう。。^^;
ダメならバイク屋さんってことで。。。

まずは、フロント回りをバラします。
(話が長くなりそうなので、バラし編、ベアリング外し編、ベアリング取り付け編、元に戻し編に分けて記載します。)

ホイール、フェンダー、フォークは、一度外したことがありますので、要領良くすぐにできます。
時間にして20分くらいでしょうか。。

つぎ、ウィンカー、ライトを外します。と思いましたが、ライトはそのままでも大丈夫そうな気がしたので、ウィンカーだけ外しました。それぞれ2カ所づつコネクタを外し、フォーク取り付けステーごと外します。ライトはプランプランのままにしてみました。^^;

つぎ、ステムナットにアクセスするためには、トップブリッジを外す必要があります。トップブリッジを外すためにはハンドルを外す必要があります。が、またハンドルの角度調整をするのが面倒なんで、ハンドルがついたままトップブリッジを外します。。^^;(22mmのボルト1本外すだけです。)
と、ここで思いがけない状態に。。
メーターも一緒にとれることを分かっていながら甘く見ていました。。
さぁ、これをどう収束させるか。。
いったん戻して丁寧に外すなんて選択肢はありません。ということで、100均で買った紐を使って、ガレージ内に設置してあるつっぱり棒にくくりつけます。一応吊れました。とても不安定ですが。。
まぁきっと大丈夫でしょう。。
そんな状態がこちら。(ひも調整中に撮った写真です。。そんな状況で写真撮るなって。。^^;)
DSCN0234.jpg

さてここからが本題。。
ステムベアリングのご開張の瞬間です。。^^;
まずはステムナットをフックレンチを使って。。。と思ったら手で緩んだのでそのまま外します。。
このナットを外すと三つ又が落下するので、三つ又を抑えながらナットを緩めます。
緩みました。さて、三つ又を引き抜きます。
意外と重い。。^^;
出てきました。ベアリング。
ボールはグリスべったりなので、落下したり紛失したりすることなく取り出せました。

アッパー側はステムナット、ダストカバー、アウターレースが同時に取れます。インナーレースはフレームに打ち込んであります。
ロア側は三つ又にインナーレース、フレームにアウターレースがそれぞれ打ち込んであります。
ボールはアッパー側が小さいやつで22個、ロア側が大きいヤツで18個です。

次回、ベアリング外し編でギブアップ寸前の展開をお話させていただきます。^^;
ちなみにこの作業は4/23夕方1時間くらいで実施しました。手抜きのバラしなので、短時間です。。^^;

翌朝、ガレージ内を見ると、ハンドルやメーターを紐を使って突っ張り棒に引っ掛けていましたが、案の定、突っ張り棒が脱落してました。。幸い、接続ケーブルにテンションがかかり、地面までは落ちてませんでしたが。。^^;
【 2011/04/24 17:54 】

GN125H | コメント(0) |
アフターファイア
数日前からアフターファイアが凄いのです。。
アクセルオフでパンパンパンッ!って。。

ただ、おかしいのですよ。。
PJ交換して冬場の燃調は合っていたはず。。
なので、少し暖かくなったこの季節では燃調が薄くなるはずはない。。

どちらかというと、燃調が薄くてアフターファイアなんだと思っておりまして。。
なぜだー!って思っていたのです。。

ちゃんと調べてみることにします。。
と、バイクと向かい合って数秒。。
原因が分かりました。。^^;
マフラーの中間パイプが外れかかっております。。^^;
先日、エンジンガードを取り付ける際、エキパイも外していたのですが、そのせいで、ズレたようです。。
その後、数十キロ走行したことにより、さらにズレて外れかかった模様です。。^^;
もうね。確認しなくてもここが原因です。

ということで、中間パイプを固定していたスチールバンドを外して、もっとガッチリ固定できる塩ビ配管用のクランプを取り付けました。
少々センスが悪くなりますが、ほとんど気になりません。。^^;

モノは、「立クランプ」って書いてありましたかね。。忘れました。。^^;
中間パイプ径が38mmφと42mmφの2カ所です。購入した32Aクランプは42mmφくらいでした。ちなみにお値段は1つ78円でございます。^^
なので、このクランプを使って固定します。が、42mmφのほうは大丈夫かと思いますが、38mmφのほうは緩くて固定できません。。。ということで、耐熱ゴムシートも買ってきました。念のため1mm(150円)、3mm(180円)のものを購入しました。

で、こちらがクランプ固定したできあがり写真でございます。
DSCN0216.jpg DSCN0218.jpg

手前のクランプは耐熱ゴムシートをスペーサーとしております。更にその下にはマフラーバンテージ(排気漏れ防止バンテージ)を巻きました。ここはずーっと排気漏れがあり、フットブレーキ部にススが付着しておりました。。^^;

ついでにサイレンサーとの接続部をパテ埋めしてみました。
DSCN0217.jpg

バンク角にも影響はないと思います。つーか、怖くて倒せませんが。。^^;
明日の朝に走行チェックでございます。。ちょうどガソリンもないので。。
【 2011/04/16 19:18 】

GN125H | コメント(0) |
エンジンガード続き
昨日はタイラップ仮止めで終わりにしようと思ってました。

が、たまたま近所のカイズホームに用事がありまして、ロングボルト、ナット、強度の有りそうな平板ステーを買ってきました。
ちゃんと調べてから買ったのではなく、なんとなく合いそうなやつを買ってきたので、合うかどうかは現物合わせしてからのお楽しみでございます。。^^;

で、まず一つ目のミステイク。。
買ってきたのはM6ボルト、ナットですが、元々付属していた取り付け用U字ボルトはM8でした。。^^;
二つ目のミステイク。。
ロングボルトの長さは100mmくらいが適正な感じでしたが、買ってきたのは130mm。。。^^;

こんな状況ですが、ボルトが長いのはM8ナットをスペーサー代わりにすれば大丈夫そうだし、M8のところにM6を使用することについても大きめの平ワッシャーを噛ませば問題ありません。。^^;
ちなみに平板ステーは適切な大きさでございました。これだけは強運でございました。。^^;

さて、装着。。といいたいところですが、もう一つ難関が。。
ロングボルトをそのままエンジンガードに貫通させると、だいぶ上の方を向いてしまい、うまく固定することができません。。
で、どうするか。。。
ブロックやらハンマーやペンチを使ってボルトを曲げてしまえばいいのです。。^^;

ついに、色んなものを駆使しながら、また、曲げたりしながら、装着が完了したのです!
DSCN0182.jpg DSCN0184.jpg DSCN0188.jpg

これほどまでにスマートじゃない取り付け方も珍しいのではないでしょうか。。^^;

なんか達成感が凄いんですけど。。。^^;

あ、それと。。
ホーンを装着する場所がなくなってしまったので、ココに設置してみました。。^^;
DSCN0186.jpg
【 2011/04/03 13:09 】

GN125H | コメント(0) |
2ちゃんねる情報より
Yahoo!ショッピングのチャイナモールで買えるエンジンガードを2ちゃんねるで見かけまして。。

1.以前からタオバオにもの凄く興味があった。
2.タオバオ初挑戦は信頼のおけるYahoo!ショッピングチャイナモールが安心。
3.何かを装着したくてうずうずしていた。

上記の理由により飛びついてみました。^^

モノは
http://chinamall.yahoo.co.jp/item/4456736272/v2/071c0c6f2424711c87e07d125fc0e413/
これです。1279円。スバラシイ。

3月21日の夜に注文しまして、3月29日のお昼に到着しました。思ってたより早い。。^^
送料は3.5kg以下で1893円でした。

トータルで3000円ちょっと。。GNが中国産でヨカッタ。^^;

梱包がちゃんとしています。
雑に扱われた感じもあまりしません。
DSCN0130.jpg DSCN0151.jpg
エンジンガード自体も問題ないクオリティです。

タオバオ。。病み付きになりそうです。。。。。^^;

で、さっそく装着。。
さっそく難関。。。^^;

純正マフラーなら問題ないのでしょうが、エキパイカーブマフラーでは、正規の位置に装着できない。。エキパイに干渉してしまう。。。フレームとエンジンハンガーを接続する貫通ボルトナットに共締めして装着するのですが、この場所は無理です。。

困った。。。ん?近くにエキパイとの干渉を回避できるエンジンとエンジンハンガーを接続する貫通ボルトナットがあるぞ?ここに装着できるかな?
はい。やってみましたが無理です。取り付け位置がもう少し狭くないとガードがはまりません。。

ん~困った。。。
ならばガードの取り付け位置を広げてしまえ!^^;
1279円なんで躊躇なくジャッキで広げます。。気持ちよく広がるので、どんどん広げてみました。。

すると。。間隔広げすぎでございます。。^^;
すこし戻さなければ。。。
どうやって戻す?
はい。1279円なんでゴムハンマーで叩きましょう。。^^;
あらかた戻りました。が、まだ広い。。その後はどんなにハンマーで叩いても戻りません。。。

疲れた。。。諦めるか。。。
一旦終了でございます。。

数時間後。。。

ん?家の基礎とブロック塀の間にジャッキとエンジンガードを挟めれば縮められるかも。。。
はいきた。^^
何度か微調整をしながらちゃんとはまる位置にきました。

ようやく装着することができました。ふ~。。
DSCN0168.jpg

ただ、ジャッキで広げたり、縮めたり、ハンマーで叩いたりしていたので、すでにガードは傷だらけでございます。。1279円なんで、気になりませんが。。。^^;

一部タイラップによる仮止めですが、後でロングボルトを買ってきてちゃんと締め付けます。
(元から付いていたU字ボルトを使うのは形状的に無理です。。)
DSCN0171.jpg

イメージ通りに仕上がりました。
DSCN0167.jpg DSCN0173.jpg DSCN0174.jpg

アジアンテイスト満載のアメリカンが着地点でございます。^^;
【 2011/04/02 19:24 】

GN125H | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。