スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
マフラーの音ですが。。
やっぱり少し大きいのです。。^^;

気にする程の音量ではないのですが、もう少し静かにしたいのです。。
ですが、お金もかけたくないのです。。^^;

ということで、手持ちの1mmアルミ板をカッターでカットし、インナーサイレンサーの内径37mmφにピッタリとはまるようなモノを製作し、さらに、その中央部に排気口として14mmφの穴を開けました。

できあがった即席バッフルをインナーサイレンサー出口に固定します。

さて、どうやって固定するか。。
これといった方法が見つかりません。
なので、マフラーパテで貼付け、シリコンシーラントでシールしてみました。^^;
排気圧力で外れてしまっても、後続車には影響ないでしょう。。^^;

↓こんな感じです。。↓クオリティは見ての通り低いです。。^^;
DSCN0389.jpg

一昼夜放置します。
さて、エンジン始動。。

今回はちゃんと試乗もしましたが、

こ。。これは。。。








音量がノーマル並に・・・^^;

あまりにも静かすぎるので、後日リューターで排気口の径を16mmφに広げました。。^^;
スポンサーサイト
【 2011/05/28 21:18 】

GN125H | コメント(0) |
バンテージ再び^^;
今までは実質3ピースだったわけですが、サイレンサーを交換したことにより、4ピースになっております。。^^;
しかも、色合いも4ピースなのです。。^^;

ということで、一体感を醸し出すためにはバンテージが再び登場するのです。^^;;;
とはいっても、前回使用したやつの再利用ではありません。前回のは幅が広すぎて融通が利きませんでした。。

ということで、25mm幅のキジマ製をチョイス。。2100円と結構なお値段ですが、6月まで実施中のwebike会員登録で3000ポイントゲットしておりましたので、問題なしです。^^
DSCN0380.jpg
↑中身はありません。。^^;

今回は2回目ですので、ちょっと上達しております。^^
さらに、立バンドで止めていたエキパイ接続部は、専用のエキゾーストバンドに変更しまして、完成度を高めております。このエキゾーストバンド。。後方に付けたヤツがデイトナ製42.7mmφ用で900円(webike)くらい、前方に付けたヤツがキジマ製38~42mmφ用で1200円(ドライバースタンド)くらいでした。高いよ。。まぁ、それだけ剛性もありキッチリしまるわけですが。。

で、慎重に慎重に綺麗に綺麗に巻いていき。。^^;
できましたよ!本当はサイレンサー接続部まで巻きたかったんですが、3mでは足りないんですね。。^^;
ということで、こんな感じになりました。

「アジア系アメリカンにトラッカー添え」
DSCN0383.jpg DSCN0384.jpg

といった、なんでもあり仕様でございます。。^^;
【 2011/05/15 16:30 】

GN125H | コメント(0) |
付属のバッフルからキジマインナーサイレンサーに変更
超うるさいんで一旦外していたステンレスサイレンサーですが、見た目がとても良いのでなんとか使いたいと思います。

で、材料はこちら。^^;
キジマ インナーサイレンサー 41×139mm 1417円(webike)
アートメタルパンチング 0.5mm厚150mm角 500円(ホーマック)←要するにアルミパンチングプレート(黒)です。
ステンレスたわし3個入 100円(ダイソー)

2000円程度で揃いました。
さて、音量は小さくなるか。。。

まずキジマインナーサイレンサーのみを装着してエンジン始動。。

付属のバッフルよりは小さいものの、低音の響き方が心臓に悪い。。^^;
ま、予想通りです。なのでパンチングプレートとステンレスたわしを用意していたのです。

キジマインナーサイレンサーとパイプ状にしたパンチングプレートをステンレス針金で連結します。
で、サイレンサーの長さに合わせます。

次に消音材であるステンレスたわしを結構な高密度になるようパンチングパイプに被せます。(3つ使いました。)
muff4.jpg

で、最後にこれらが脱落しないように、ステンレス針金でぐるぐる巻きにして出来上がりです。
muff5.jpg

はい。装着です。
たわしを高密度に貼付けたので、サイレンサー内部はきつきつです。。^^;
なんとか入りましてエンジン始動です。

はいキタ^^

低音が残りつつ、アルミサイレンサー並みの音量になりました。
まだ、高回転で試してないのでハッキリとは言えませんが、大丈夫そうです。
たわしは定期的に交換しても100円なんで、ランニングコストもエコでございます。。^^;

アルミの高音に対してステンレスは低音といった感じでしょうか。。
まぁどちらも良い音です。
気分によって付け替えましょう^^
【 2011/05/14 17:50 】

GN125H | コメント(0) |
試しにサイレンサー変更
ヤフオクにて素晴らしいアルミサイレンサーのワンオフマフラーを手に入れ、毎日乗るのが楽しみなわけですが、ちょっと浮気心が芽生えまして、違う材質のサイレンサーをヤフオクで物色しておりました。
すると、ステンレスで結構スリムなGNちゃんにマッチしそうな未使用サイレンサーを発見!
お値段も問題なかったので落札してみました。
muff1.jpg

ちなみにエキパイさし込み口の内径が45mmφで、ちょっと径が違う(エキパイ42.7mmφ)ので口径変更カラーもヤフオクで落札しました。^^;

・ヤマト製ステンレスサイレンサー(VTR250用未使用品):送料込6000円
・口径変更カラー:送料込1000円

さて、装着。。。
と思いましたが、どうも嫌な予感が。。。^^;
ストレート構造であることは分かっていましたが、その内径がやけにデカイ。。^^;
エキパイ側の45mmφでそのまま出口に向かっております。まさにストレート。。

アルミサイレンサーのほうは、30mmφくらいでしょうか。。結構違います。
しかも、サイレンサー本体は、アルミに対してだいぶ軽い。。そして細い。。(細いのは分かってましたが。。^^;)

ということは、爆音?^^;
バッフルもついてるんで、まぁ大丈夫かな?
とにかく試しに装着です。。

ついでに、前から気になっていた排気漏れも直しましょう。。
muff2.jpg
手持ちはマフラーパテと液状ガスケットの2つで、どちらを使うかちょっと悩みましたが、マフラーパテで攻めてみます。。^^;

続いて口径変更カラーを挿入し、サイレンサーとの勘合を良くします。とはいうものの、ピッタリではありません。。ちょいスカスカです。。^^;
後ほどここも排気漏れ対策が必要かと思われます。。
muff7.jpg
↑分かりにくいですね。。サイレンサーとエキパイの間にちょっとだけ見えている色の違う部分がカラーです。ほとんどサイレンサー側に隠れておりますが。。^^;

そして、出来上がりがこちら。見た目はなかなか良い感じです。細っ^^;
muff3.jpg

で、エンジン始動。。はいヤメー!^^;

音デカすぎ。。

付属のバッフル付けても近所迷惑レベルです。。^^;
ということで一旦アルミサイレンサーに戻しました。。。

さては出品者。。この爆音で。。。以下略。。^^;
つーか「ヤマト製」ってなんだか分からないまま落札しましたが、有名なの?^^;;;;;

次回、「付属のバッフルからキジマインナーサイレンサーに変更の巻」乞うご期待!^^;
【 2011/05/14 17:36 】

GN125H | コメント(0) |
G.Wの締めくくりはオイル&フィルター交換
走行距離がほぼ1000kmに到達し、慣らしの卒業記念としまして、オイル&フィルター交換を実施しました。

実は前回のオイル交換後、まだ300kmしか走ってません。
ですが、フィルターを1000kmで交換したかったこと、G.WはGN125週間の略^^;であることから、交換することにしました。

オイルはシェブロン10W-40です。コマジェにも使いましたが、特に可もなく不可もない激安オイルです。
コストコで買えるようですが、僕は300円/1本でヤフオクで仕入れました。
oil4.jpg

フィルターは先日購入した純正品です。
ついでにドレンボルトのワッシャも純正新品に交換します。

まずはオイルを抜きます。
oil1.jpg
300kmとはいえ、結構汚れております。写真の下のほうに写っていますが、ドレンボルトを落下させずに外せて小さな喜びでございます。^^

次にフィルター交換、ワッシャ交換を行い。。。
フィルターは古いのを抜き出して新しいのを入れるだけですが、ドレンボルトのワッシャは、古い方がつぶれているので、まぁ外れません。ということで、ニッパで引きちぎりました。。^^;
oil2.jpg oil3.jpg

ちょうど1Lですかね。。フィルター交換をした場合は。。
【 2011/05/14 17:04 】

GN125H | コメント(0) |
樽グリップ!
以前購入しておいた樽グリップを装着することにしました。

一度、仮装着したときに、ちょっと色合いが良くないと思いまして、装着を保留しておりましたが、G.Wですので、勢いで装着しましょう^^;

左側は一度ノーマルグリップを外してますので楽勝で外れます。

ということで右側。。
まずスイッチボックスをプラスネジ2本で外します。
すると、アクセルワイヤーとスロットル付きグリップが分離します。
DSCN0359.jpg

で、さらにスロットルとグリップを引きはがすわけですが、これがなかなか大変です。
僕としては、細長いマイナスドライバーをスロットルとグリップの間にかまして、隙間を開けた状態でシリコンスプレーが一番効果的かと思います。
シリコンスプレー効果で徐々にグリップが動くようになりますので、何度かこれを繰り返し、引き抜きます。
DSCN0358.jpg
↑この折れ曲がったマイナスドライバーが使い勝手抜群です。。^^;

スロットルを取り出せたら、次は樽グリップの装着です。
スロットルにはシリコンが付着してますので、これをパーツクリーナーで取り除きます。つぎにゴム系接着剤をストッロルに塗布し。。。。
いやっ。。やっぱりこれには抵抗が。。。。^^;

あとでノーマルに戻すかもしれないし、接着剤は取り除くのが大変。。。
こういう状況では、いつも後ろ向きの想いが駆け巡るのです。。^^;

なので、禁断のシリコンスプレー塗布→グリップ装着です。^^;
これなら簡単にグリップを差し込めるし、あとから外すのも簡単だし。。良いことばかりです。。(ホントはグリップが回りやすくなるのでダメです。。)^^;
DSCN0361.jpg

純正のスロットルには、根元に突起物があるので、樽グリップを根元まで差し込むことができません。5mmくらいでしょうか?隙間ができます。が、この突起物を切断するのも抵抗がありますので、5mmの隙間には目をつぶりましょう。。^^;
DSCN0366.jpg
ということで、あとは元通りに組み込んで右側終了です。

左側は引っこ抜いて差し込むだけです。なお、こちらも禁断のシリコンスプレーで。。。^^;
DSCN0360.jpg

できあがりがこちら。
DSCN0365.jpg

ホワイトリングは取外し可能ですが、付けない方が色のバランス的には良いのかな?^^;

で、ちょっと運転してみましてが、わずかなハイスロ、パワステ効果が味わえました。

めでたしめでたし。^^;
【 2011/05/09 05:59 】

GN125H | コメント(0) |
サイドバックのバックル改造
ズボンのベルトは抵抗もなく開けたり閉めたりできます。

しかーし。

サイドバックのベルトの開け閉めは非常に面倒であります。^^;
なので、ここを改造してしまいましょう。

用意するものは、ニッパとカッターとタイラップのマジックテープでございます。
これだけで、もうお分かりですね。。。
バックルを解体して、タイラップでマジックテープを取り付けるのです。

で、諸々省略してできあがりがこちら。
DSCN0302.jpg DSCN0303.jpg

はい。ベリッとするだけで開閉が可能になりました。
簡単でなによりです。^^;
【 2011/05/09 05:34 】

GN125H | コメント(0) |
タイヤ交換に初挑戦!
GN125週間も半ばにさしかかり、時間が惜しいために起きる時間がどんどん早くなっている今日この頃ですが。。。^^;

本日(5/4)はタイヤ交換をしてみましょう^^
完全に初めてです。今までタイヤは自分で交換するもんだなんて思ってませんでした。
(専用工具やノウハウを持ち合わせていませんので。。^^;)

ですが、最近めっきり整備に自信がついたこと、工具がかなり揃ったことに加え、
GNちゃんの直進安定性に不満があったこと、かといって工賃を出してまで交換することはないだろうと思っていたこと。。^^;

上記理由により。。^^;
楽天市場の最安店(タイヤ広場トーマス)で以下のタイヤ、チューブを購入しまして、時間に余裕があるG.W中の交換と相成りました。。^^

・ダンロップK127 120/90-16 WT 5410円
GNへの装着率が非常に高いリア用チューブタイヤでございます。ノーマル(3.50-16)より幅が10mm以上太くなると思われます。チェーンカバーに干渉することもないそうです。(ちなみに120/90-16も装着可能だそうです。ただしチェーンカバーの一部カットが必要。。)

・ダンロップ・ノーマルチューブ 4.60*110:120/90-16 TR4 1260円
タイヤ交換時に破損させてしまうことがよくあるようですが、失敗が許されない金額でございます。。^^;

・ダンロップF11 3.00-18 WT 3740円
こちらフロント用に購入しました。ノーマル(2.75-18)でも良かったのですが、リアをダンロップにすると統一したくなるわけでございます。。^^; また、直進安定性を求めると、ちょっと太めにしたほうがいいのかな?と思いまして、こちらを購入してみました。フロントを太くすると軽快感が薄らぐとのことですが。。^^;

さて。。太い方がなんとなく簡単そうな気がしたのでリアからのチャレンジです。。
工具はタイヤレバー3本、ビートワックス、虫回しドライバーを用意しました。
DSCN0294.jpg

まずはタイヤのシャフトを17mmソケットと19mmメガネを使って外します。
次に、チェーンをスプロケから外し、ブレーキシューを適当に外します。^^;
するとタイヤが後方から抜き出せます。

さぁいよいよ。。
まずは虫回しドライバーと使ってバルブの虫を引き出します。すると空気がプシューっと抜けます。
12mmメガネでバルブ固定ナットを外します。
はじめてのタイヤレバー登場です。^^;
まずはビート落とし。。つーか、そもそもビートって何?みたいな感じだったんですが、要するにホイールと接合している部分のタイヤを剥がすといった感じでいいんですかね。。
これは、チューブタイヤは楽勝とどっかに書いてあったとおり、問題なくできました。一応、タイヤレバーをうまいこと使ってやってみました。
次、タイヤをホイールから外します。もうね。。写真撮ってる場合じゃないですよ。。タイヤレバーをどうすれば、タイヤがどう動くのか。。
最初はタイヤレバー任せで頭だけ使って作業していましたが、いっこうに外れないので、頭に加えて体重をかけながら作業した結果、なんとかホイールから外すことに成功しました。
コツをつかんでしまえば、たいしたことはありませんでした。ただ、中のチューブを損傷しないように気をつけるのは、なにしろ中身が見えないので難しいという印象です。^^;
作業の途中ですが、本作業はこちらを参考にしました。事前に何度も読み返し、シミュレーションしました。。^^;

コツをつかんだためか、ニュータイヤの装着は楽勝でした。あとは空気を入れて終了です。チューブが損傷していないことを願います。。^^;
DSCN0295.jpg

車体に戻してリア終了です。
作業は1時間30分くらいですかね。。夢中でやってたんで長くは感じませんでした。^^
DSCN0301.jpg DSCN0297.jpg DSCN0298.jpg

次はフロント。。と思いましたが、本日は精神的にいっぱいいっぱいになってしまったので後日実施することにしました。。(僕の心のキャパは非常に小さいのでございます。。^^;)
【 2011/05/05 09:01 】

GN125H | コメント(0) |
ステムベアリング交換(その後)
完治しましたよ!
数日間、いつもの通勤コースで確認しましたが、まったく問題なしです。
工賃浮かすために自分でチャレンジした甲斐がありました。。^^;
工賃は浮きましたが、これに合わせて工具などで2000円をほど使いましたが。。^^;
ま、部品代込みで5000円程度なんでヨシとしましょう。。

ステムナットの締め付けに手こずりましたが、イイ感じの締め付けになりました。ガタツキなくハンドル操作良好です。前にも書きましたが、締め付けが厄介な原因はグリスでございます。間違いなく。^^;

ですが。。。ガタツキなく。。ステムは確かにガタツキなし。。なのに。。何かが緩んでいる感覚です。。
それは何か。。数日間気がつきませんでしたが、原因が分かりました。。
ブレーキキャリパーサポートのボルト2本の締め忘れでございます。。
なんとも重要な部分を忘れたものです。。何事もなかったので、こうやってブログを書いていられますが、、、
ま。。ということで、ココも締め付け、完治でございます!^^;

それと、フロントフォークを固定するためのライト下のボルトですが、他の方も書いているように、スズキって書いてあるカバーが邪魔でボルトへのアクセスが困難でございます。。
ということで、パカッとはめられるように、一部をカットしてみました。簡単に切断できる材質なので、短時間でできます。また、もし失敗したとしても、タオバオでなんとかなりそうですし。。^^;

で、僕の場合、緻密に計算するより、適当にやったほうが成功するようです。バッチリ、パカッとはめることに成功しました!(写真がピンボケですが。。^^;)
DSCN0263.jpg DSCN0264.jpg

ということで、今後は、このカバーを外してから、フォーク周辺の作業ができるのです。めでたしめでたし^^
【 2011/05/03 20:49 】

GN125H | コメント(0) |
G.WはGN125週間ですか?
ということで^^;

ステムベアリング交換にあわせてウィンカーも交換してみました。
前に買っておいたノーマル同形状の小さいヤツ。

ただ、ポン付けとはいきません。
買ったヤツは中国産らしくステーが短く融通が利きません。。^^;

なので、どうするか。。
まず、フロント。。
ノーマルウィンカーはライトステーに装着されています。ウィンカー接続部にはゴムのブッシュが装着されており、これが結構な厚みなのです。
この厚みのせいで買ったヤツが付きません。なので、このゴムを切り飛ばしましょう。^^;
ノーマルに戻すことを考えて、綺麗に切断します。^^;
すると。。四角い穴が空きます。そこにノーマルウィンカー用の大きめのワッシャーを噛まし、買ったヤツを取り付けます。ステーの長さも足りました。ヨカッタ。。^^
DSCN0282.jpg DSCN0281.jpg

次、リア。。
こっちもゴムのブッシュが顔を出します。当然、買ったヤツのステーは届きません。
が、こちらの問題はそういうことではなく、サイドバックが干渉するのです。。
ということで、取り付け部を少し後方に移すためのステーを装着します。(このステーは山新で200円/個くらいだったかな?8mmφの穴が開いてます。。
以前、サイドバックとウィンカーの干渉を避けるため、ウィンカーをナンバーフレーム脇に移設しましたが、リアフェンダー付近がごちゃついて、なんかスッキリしなかったので、再度、場所を移すことにしました。
で、まぁ写真で見た方が早い。。^^;
DSCN0259.jpg DSCN0260.jpg DSCN0261.jpg DSCN0280.jpg
こんな感じです。^^

スッキリしました。
DSCN0266.jpg DSCN0265.jpg

ただ、ノーマルの21Wに対して、買ったヤツは10Wです。
なので、ハイフラ。。。^^;
カチカチカチカチみたいな。。。。。

ということで、後日、ヤフオクにてウィンカーリレーを買いました。。送料込600円くらい。。
「12V10W ウィンカーリレー」の検索で引っかかる丸いヤツです。。
DSCN0288.jpg
↑ヤフオクで買ったヤツ

つーか、ウィンカーリレーはどこだ?みたいな感じで、フロント周辺を丹念に探したんですが見つかりませんでした。
なぜ見つからないか。。それは、リレーがバッテリー脇にあるからです。。^^;
で、こちらはコネクタの配置もノーマルと同じだし、寸法的にも問題なかったので1分で交換終了です。
DSCN0291.jpg DSCN0292.jpg
↑コレがノーマル

DSCN0290.jpg
めでたく正常の点滅に戻りました。ヨカッタヨカッタ^^
【 2011/05/03 20:36 】

GN125H | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。