スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
タイヤ交換に初挑戦!
GN125週間も半ばにさしかかり、時間が惜しいために起きる時間がどんどん早くなっている今日この頃ですが。。。^^;

本日(5/4)はタイヤ交換をしてみましょう^^
完全に初めてです。今までタイヤは自分で交換するもんだなんて思ってませんでした。
(専用工具やノウハウを持ち合わせていませんので。。^^;)

ですが、最近めっきり整備に自信がついたこと、工具がかなり揃ったことに加え、
GNちゃんの直進安定性に不満があったこと、かといって工賃を出してまで交換することはないだろうと思っていたこと。。^^;

上記理由により。。^^;
楽天市場の最安店(タイヤ広場トーマス)で以下のタイヤ、チューブを購入しまして、時間に余裕があるG.W中の交換と相成りました。。^^

・ダンロップK127 120/90-16 WT 5410円
GNへの装着率が非常に高いリア用チューブタイヤでございます。ノーマル(3.50-16)より幅が10mm以上太くなると思われます。チェーンカバーに干渉することもないそうです。(ちなみに120/90-16も装着可能だそうです。ただしチェーンカバーの一部カットが必要。。)

・ダンロップ・ノーマルチューブ 4.60*110:120/90-16 TR4 1260円
タイヤ交換時に破損させてしまうことがよくあるようですが、失敗が許されない金額でございます。。^^;

・ダンロップF11 3.00-18 WT 3740円
こちらフロント用に購入しました。ノーマル(2.75-18)でも良かったのですが、リアをダンロップにすると統一したくなるわけでございます。。^^; また、直進安定性を求めると、ちょっと太めにしたほうがいいのかな?と思いまして、こちらを購入してみました。フロントを太くすると軽快感が薄らぐとのことですが。。^^;

さて。。太い方がなんとなく簡単そうな気がしたのでリアからのチャレンジです。。
工具はタイヤレバー3本、ビートワックス、虫回しドライバーを用意しました。
DSCN0294.jpg

まずはタイヤのシャフトを17mmソケットと19mmメガネを使って外します。
次に、チェーンをスプロケから外し、ブレーキシューを適当に外します。^^;
するとタイヤが後方から抜き出せます。

さぁいよいよ。。
まずは虫回しドライバーと使ってバルブの虫を引き出します。すると空気がプシューっと抜けます。
12mmメガネでバルブ固定ナットを外します。
はじめてのタイヤレバー登場です。^^;
まずはビート落とし。。つーか、そもそもビートって何?みたいな感じだったんですが、要するにホイールと接合している部分のタイヤを剥がすといった感じでいいんですかね。。
これは、チューブタイヤは楽勝とどっかに書いてあったとおり、問題なくできました。一応、タイヤレバーをうまいこと使ってやってみました。
次、タイヤをホイールから外します。もうね。。写真撮ってる場合じゃないですよ。。タイヤレバーをどうすれば、タイヤがどう動くのか。。
最初はタイヤレバー任せで頭だけ使って作業していましたが、いっこうに外れないので、頭に加えて体重をかけながら作業した結果、なんとかホイールから外すことに成功しました。
コツをつかんでしまえば、たいしたことはありませんでした。ただ、中のチューブを損傷しないように気をつけるのは、なにしろ中身が見えないので難しいという印象です。^^;
作業の途中ですが、本作業はこちらを参考にしました。事前に何度も読み返し、シミュレーションしました。。^^;

コツをつかんだためか、ニュータイヤの装着は楽勝でした。あとは空気を入れて終了です。チューブが損傷していないことを願います。。^^;
DSCN0295.jpg

車体に戻してリア終了です。
作業は1時間30分くらいですかね。。夢中でやってたんで長くは感じませんでした。^^
DSCN0301.jpg DSCN0297.jpg DSCN0298.jpg

次はフロント。。と思いましたが、本日は精神的にいっぱいいっぱいになってしまったので後日実施することにしました。。(僕の心のキャパは非常に小さいのでございます。。^^;)
スポンサーサイト
【 2011/05/05 09:01 】

GN125H | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。