スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
自作ツールケース
こちらの方大変興味をそそるものを作っておりまして。。^^;

真似させていただきました。。

さっそく材料集めです。。
近所のカインズホームですべて揃いました。
・塩ビ管:65mmサイズ/長さ50cm
・掃除口
・閉止キャップ
・継手
この4つです。全部で1000円くらいだったかな?
水は流さないので、接着剤なしで押し込むだけにします。

装着場所は右リアサイドです。
塩ビのネズミ色では忍びないので、サイドバック、ツールバックと同様、合皮にしたいと思い、調べたところ、楽天で売ってました。合皮のカッティングシート。しかも、切れっ端189円(送料は300円。。)

何を入れるかは、できあがった大きさで考えます。^^;
それと、コレの固定方法ですが、塩ビ管の内側からボルト締めにしたいのです。
なので、長くしてしまうと、管内に手が届かなくなり、大変なことになりそう・・・。
その辺も考慮しながら、程よい長さにしてみました。

で、こちらが合皮シートを貼る前の塩ビ管です。
DSC01887.jpg

閉止キャップはナンバーフレームからとったステーに固定、塩ビ管側は元々ウィンカーステーがついていた場所からステーを出し固定します。
ということは。。
閉止キャップの固定ボルトへ管内からアクセスするのは非常に困難になります。
なので。。
閉止キャップと塩ビパイプは極浅く勘合するようにしました。写真のマジックで線引いてあるライン。
このようにしておけば、すぐに塩ビパイプと閉止キャップを分離することができ、メンテナンスが楽になるわけです。

合皮シートは伸縮性があるので、適当に貼っても綺麗に仕上がる素晴らしい素材です。
DSC01888.jpg

塩ビ管にはすでにバイク側ステーとの位置合わせを終了しており、M4の穴を4カ所開けてあります。
で、完成した自作ツールケースの固定です。
DSC01889.jpg DSC01892.jpg DSC01890.jpg
開けた穴のうち、1カ所はちょっと位置がづれていたようでうまくM4ボルトが入りませんでした。面倒なんでこのままです。^^;

完成です。なかなかのクオリティでございます。
DSC01895.jpg DSC01893.jpg DSC01894.jpg

さて。。。何を入れるか。。。
このツールケースにちょうどピッタリ入るものを見つけました。
それは。。



純正工具です。。^^;



予備のプラグ、電球を添えて見事な収納術と相成りました。



ちなみに純正工具入れには登録書類と取扱説明書を入れておきました。。^^;
スポンサーサイト
【 2010/10/23 19:52 】

GN125H | コメント(0) |
<<GN125カスタムの王道を行ってます。。フロントスプロケ交換^^; | ホーム | 10年以上前に買ったメット。。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。