スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ステムベアリング交換(バラし編)
あの時の事故以来、低速でハンドルがフラつくのです。

何度かフォークのねじれ調整、ステムナット締め付け調整を試みてはおりましたが、全然良くなる気配がなく、渋滞時の路肩走行は難易度は非常に高い状態が続いておりました。。^^;

ということでステムベアリングが悪いと断定いたしまして、純正部品を購入してみました。
それと、一緒に使いそうな部品も買ってみました。
DSCN0230.jpg

商品(1)
SUZUKI 純正部品
品番[51611-20002] レ-スステアリンク″インナアツハ゜
販売価格(税込) \399 × 1 = \399
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(2)
SUZUKI 純正部品
品番[51621-28000] レ-スステアリンク″アウタアツハ゜
販売価格(税込) \399 × 1 = \399
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(3)
SUZUKI 純正部品
品番[51611-33002] レ-スステアリンク″インナロア
販売価格(税込) \508 × 1 = \508
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(4)
SUZUKI 純正部品
品番[51621-33001] レ-スステアリンク″アウタ
販売価格(税込) \508 × 1 = \508
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(5)
SUZUKI 純正部品
品番[09247-14012] 09247-14026-000 フ゜ラク″
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(6)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-60005] Oリンク″D:2.4ID:60.5
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(7)
SUZUKI 純正部品
品番[16523-05200] キヤツフ゜オイルストレ-ナ
販売価格(税込) \738 × 1 = \738
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(8)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-13004] Oリンク″D:1.9ID:13
販売価格(税込) \109 × 1 = \109
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(9)
SUZUKI 純正部品
品番[09280-54001] Oリンク″D:2.4ID:52.6
販売価格(税込) \139 × 1 = \139
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(10)
SUZUKI 純正部品
品番[06111-06003] ボ-ル
販売価格(税込) \49 × 8 = \392
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(11)
SUZUKI 純正部品
品番[16510-05240] フイルタエンジンオイル
販売価格(税込) \578 × 2 = \1,156
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(12)
SUZUKI 純正部品
品番[06111-08003] ボ-ル
販売価格(税込) \49 × 6 = \294
入荷予定日:2011年4月20日
 
商品(13)
SUZUKI 純正部品
品番[09168-14004] ガスケツト14X19.2X2
販売価格(税込) \79 × 2 = \158
入荷予定日:2011年4月20日

ネットでは「ステムベアリング交換」がたくさんヒットします。そして、そのほとんどが「もうやりたくない!」とか「難易度が高い!」といった辛い感想が目白押しな訳です。^^;
でも、バイク屋さんに頼むと工賃が高そうなんで、自分でやってみましょう。。^^;
ダメならバイク屋さんってことで。。。

まずは、フロント回りをバラします。
(話が長くなりそうなので、バラし編、ベアリング外し編、ベアリング取り付け編、元に戻し編に分けて記載します。)

ホイール、フェンダー、フォークは、一度外したことがありますので、要領良くすぐにできます。
時間にして20分くらいでしょうか。。

つぎ、ウィンカー、ライトを外します。と思いましたが、ライトはそのままでも大丈夫そうな気がしたので、ウィンカーだけ外しました。それぞれ2カ所づつコネクタを外し、フォーク取り付けステーごと外します。ライトはプランプランのままにしてみました。^^;

つぎ、ステムナットにアクセスするためには、トップブリッジを外す必要があります。トップブリッジを外すためにはハンドルを外す必要があります。が、またハンドルの角度調整をするのが面倒なんで、ハンドルがついたままトップブリッジを外します。。^^;(22mmのボルト1本外すだけです。)
と、ここで思いがけない状態に。。
メーターも一緒にとれることを分かっていながら甘く見ていました。。
さぁ、これをどう収束させるか。。
いったん戻して丁寧に外すなんて選択肢はありません。ということで、100均で買った紐を使って、ガレージ内に設置してあるつっぱり棒にくくりつけます。一応吊れました。とても不安定ですが。。
まぁきっと大丈夫でしょう。。
そんな状態がこちら。(ひも調整中に撮った写真です。。そんな状況で写真撮るなって。。^^;)
DSCN0234.jpg

さてここからが本題。。
ステムベアリングのご開張の瞬間です。。^^;
まずはステムナットをフックレンチを使って。。。と思ったら手で緩んだのでそのまま外します。。
このナットを外すと三つ又が落下するので、三つ又を抑えながらナットを緩めます。
緩みました。さて、三つ又を引き抜きます。
意外と重い。。^^;
出てきました。ベアリング。
ボールはグリスべったりなので、落下したり紛失したりすることなく取り出せました。

アッパー側はステムナット、ダストカバー、アウターレースが同時に取れます。インナーレースはフレームに打ち込んであります。
ロア側は三つ又にインナーレース、フレームにアウターレースがそれぞれ打ち込んであります。
ボールはアッパー側が小さいやつで22個、ロア側が大きいヤツで18個です。

次回、ベアリング外し編でギブアップ寸前の展開をお話させていただきます。^^;
ちなみにこの作業は4/23夕方1時間くらいで実施しました。手抜きのバラしなので、短時間です。。^^;

翌朝、ガレージ内を見ると、ハンドルやメーターを紐を使って突っ張り棒に引っ掛けていましたが、案の定、突っ張り棒が脱落してました。。幸い、接続ケーブルにテンションがかかり、地面までは落ちてませんでしたが。。^^;
スポンサーサイト
【 2011/04/24 17:54 】

GN125H | コメント(0) |
<<ステムベアリング交換(ベアリング外し編) | ホーム | アフターファイア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。