スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
樽グリップ!
以前購入しておいた樽グリップを装着することにしました。

一度、仮装着したときに、ちょっと色合いが良くないと思いまして、装着を保留しておりましたが、G.Wですので、勢いで装着しましょう^^;

左側は一度ノーマルグリップを外してますので楽勝で外れます。

ということで右側。。
まずスイッチボックスをプラスネジ2本で外します。
すると、アクセルワイヤーとスロットル付きグリップが分離します。
DSCN0359.jpg

で、さらにスロットルとグリップを引きはがすわけですが、これがなかなか大変です。
僕としては、細長いマイナスドライバーをスロットルとグリップの間にかまして、隙間を開けた状態でシリコンスプレーが一番効果的かと思います。
シリコンスプレー効果で徐々にグリップが動くようになりますので、何度かこれを繰り返し、引き抜きます。
DSCN0358.jpg
↑この折れ曲がったマイナスドライバーが使い勝手抜群です。。^^;

スロットルを取り出せたら、次は樽グリップの装着です。
スロットルにはシリコンが付着してますので、これをパーツクリーナーで取り除きます。つぎにゴム系接着剤をストッロルに塗布し。。。。
いやっ。。やっぱりこれには抵抗が。。。。^^;

あとでノーマルに戻すかもしれないし、接着剤は取り除くのが大変。。。
こういう状況では、いつも後ろ向きの想いが駆け巡るのです。。^^;

なので、禁断のシリコンスプレー塗布→グリップ装着です。^^;
これなら簡単にグリップを差し込めるし、あとから外すのも簡単だし。。良いことばかりです。。(ホントはグリップが回りやすくなるのでダメです。。)^^;
DSCN0361.jpg

純正のスロットルには、根元に突起物があるので、樽グリップを根元まで差し込むことができません。5mmくらいでしょうか?隙間ができます。が、この突起物を切断するのも抵抗がありますので、5mmの隙間には目をつぶりましょう。。^^;
DSCN0366.jpg
ということで、あとは元通りに組み込んで右側終了です。

左側は引っこ抜いて差し込むだけです。なお、こちらも禁断のシリコンスプレーで。。。^^;
DSCN0360.jpg

できあがりがこちら。
DSCN0365.jpg

ホワイトリングは取外し可能ですが、付けない方が色のバランス的には良いのかな?^^;

で、ちょっと運転してみましてが、わずかなハイスロ、パワステ効果が味わえました。

めでたしめでたし。^^;
スポンサーサイト
【 2011/05/09 05:59 】

GN125H | コメント(0) |
<<G.Wの締めくくりはオイル&フィルター交換 | ホーム | サイドバックのバックル改造>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。