スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
付属のバッフルからキジマインナーサイレンサーに変更
超うるさいんで一旦外していたステンレスサイレンサーですが、見た目がとても良いのでなんとか使いたいと思います。

で、材料はこちら。^^;
キジマ インナーサイレンサー 41×139mm 1417円(webike)
アートメタルパンチング 0.5mm厚150mm角 500円(ホーマック)←要するにアルミパンチングプレート(黒)です。
ステンレスたわし3個入 100円(ダイソー)

2000円程度で揃いました。
さて、音量は小さくなるか。。。

まずキジマインナーサイレンサーのみを装着してエンジン始動。。

付属のバッフルよりは小さいものの、低音の響き方が心臓に悪い。。^^;
ま、予想通りです。なのでパンチングプレートとステンレスたわしを用意していたのです。

キジマインナーサイレンサーとパイプ状にしたパンチングプレートをステンレス針金で連結します。
で、サイレンサーの長さに合わせます。

次に消音材であるステンレスたわしを結構な高密度になるようパンチングパイプに被せます。(3つ使いました。)
muff4.jpg

で、最後にこれらが脱落しないように、ステンレス針金でぐるぐる巻きにして出来上がりです。
muff5.jpg

はい。装着です。
たわしを高密度に貼付けたので、サイレンサー内部はきつきつです。。^^;
なんとか入りましてエンジン始動です。

はいキタ^^

低音が残りつつ、アルミサイレンサー並みの音量になりました。
まだ、高回転で試してないのでハッキリとは言えませんが、大丈夫そうです。
たわしは定期的に交換しても100円なんで、ランニングコストもエコでございます。。^^;

アルミの高音に対してステンレスは低音といった感じでしょうか。。
まぁどちらも良い音です。
気分によって付け替えましょう^^
スポンサーサイト
【 2011/05/14 17:50 】

GN125H | コメント(0) |
<<バンテージ再び^^; | ホーム | 試しにサイレンサー変更>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。