スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
セミスリックタイヤ
52Tクランクセット装着によるハイギアー化、BB、ペダル交換による回転軸の抵抗軽減。
これにより、足への負荷をあまり掛けずに、スピードアップを図ることができました。

10%程度は速度アップしていると思います。
6段で軽快に走行した場合、20km/h程度だったものが、22~23km/hになっております。
また、ハイギアー化により、いままでの6段が7段相当になっており、いつも通る上り坂では、通常より1段低くしないと上れないものと思いましたが、意外にもギアはいままで通りで上ってしまえております。多少辛さが増えているような気がしますが。。^^; ま、、これはきっと回転軸がスムーズに回っているおかげなのですよ。。^^;

で、本日は、軽快ハイスピード走行に磨きを掛けるため、セミスリックタイヤを装着することにします。
モノは以前紹介した激安タイヤですが。。^^;

まずはフロントタイヤ。。
チャリのタイヤ交換は初めてなので、ちょっと不安。。
と思いましたが、やはり簡単ですね。とは言うものの、バイクとは違いますね。。
ホイールナットを外すとシャフトが外れるものかと思っていましたが、両側のナットを外して下側に脱落させて外すのですね。。ちょっとビックリ。。^^;
あ、それと、ブレーキのゴムが邪魔でホイールが外れないので、ブレーキワイヤも緩めました。
で、外れました。やはり20インチのチャリのタイヤ、ホイールは軽い。。バイクとは大違いだ。。^^;


次、タイヤの空気を抜き、タイヤをタイヤレバーや手で外していきます。パワーがある人ならタイヤレバー必要ないですね。。^^;
ちなみに、空気の抜き方がわからず、バルブのネジを躊躇なくはずしたら、パーン音とともに、一気に空気が抜けました。。
(゚Д゚)ってなりました。^^;

タイヤの交換自体は簡単ですね。。ほとんどタイヤレバーの出番もありません。
ただ、チューブの損傷にはだいぶ注意が必要です。
わたくし、力加減が分からず、タイヤレバーをチューブに突き刺してしまいました。。
まぁ買ったタイヤにチューブが付いていたので事なきを得ましたが。。^^;

 

空気圧は280kPaとなっていましたが、規定値では柔らかすぎて僕の体重を支えきれない心配が残ります。。^^;
なので380kPaにしちゃいました。パンクしないでね!^^;

さて次、リアです。
こっちはスプロケやドラムブレーキ?が付いており、なんか面倒臭そうです。。
フロントだけで終わりにしちゃえ!と転がり抵抗を減らすんだ!の葛藤の結果、やはりリアも交換します。。。

まず軸のナットを両側外す。チェーンとギアの位置関係を良く観察しておく。ブレーキ固定ネジを外す。
斜め下方向にタイヤが外れました。が、この時点ではドラムブレーキがくっついていているので、ナットを外しブレーキ本体を外します。

↑この文章だけでイメージできる人は逆にアホです。

で、後は、チューブの損傷に注意しながら、タイヤを交換し、元通りに組み上げて完成です。

なんだかんだで、1時間30分くらいかかってしまいました。。^^;
見た目は上々です。^^

あとは通勤で確認。



最後に気が付きましたが、前後タイヤのパターンを逆にしてしまいました。。タイヤに方向性を示す矢印は刻印されてませんが、転がり抵抗重視といいながら、やっちまった。。。

今更直す気もないので、見なかったことにします。。^^;
スポンサーサイト
【 2011/11/26 14:43 】

日記 | コメント(0) |
<<統合 | ホーム | ハーフクリップ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。